上空1万mからサワディーカ

新鮮なお楽しみ!タイからお届けいたします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
咳の時には・・・・
JUGEMテーマ:旅行

雪と共に風邪に身体を乗っ取られ、寝込みました・・・・久々です。

    
       雪が見えますか?!  白い部分が雪 

雪が運んで来てくれた湿気で、一息   雨戸を開けたら、 真っ白で

すっかり治った気分に一瞬浸りそうになり、 風が吹いて冷気が喉を刺激したのか?!

軽く発作症状・・・・・   泣けちゃう。

あまりに酷い咳ですっかり筋肉痛で、咳をする時にお腹を押さえるほど  

この痛みの中で思い出して機内での過ごし方〜〜トラブル編。

初回の今回はもちろん、 単なる思いつきにて

          止まらない 咳 編。

『お湯を飲む』をひたすらに続けて乗り切っていたのを思い出して

機内には、いつでも提供出来る白湯があるのですよぉ〜〜水筒なぞを

お持ちになれば、 そうそうしょっちゅう席を立たずともお湯をお側に置いて

おけますよぉ〜〜少しづつでも飲み続ける。  機内の乾燥から

のどを守る。  最善の方法と思っています。  たまには白湯もいいものです 

アジア人の女子には、 お茶をお出しするときに白湯欲しいって言う方って

結構多いものです。  チャイのおばちゃんや、タイの方々も。

後、 マスクは必需品です。  マスクに乾燥防止の加湿出来るのだと なおよし。

マスクを忘れた場合は、  ハンカチにて凌ぎましょう。  乾燥からのどを守る

咳が出てなくても、 食事が終わって ちょっと乾燥かな?!って感じたら即実行 

乾燥しているところに菌が・・・・・危ないx2 

機内での咳にもう1つ メンソール系の刺激臭  お湯に溶かしたら す〜〜っと

鼻が通る あ〜〜ハッピー   

日本にも、昔からある Vなど良いですよ〜〜  

「かぁさんが胸に塗ってくれました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 

機内で、具合が悪いのは本当に、辛いものです。    

少しでも、便利グッツやら機内での乗り切り方など、 ドンドン公開しま〜〜〜す 









 
| 雲の上で | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
冬の空の上
JUGEMテーマ:日記・一般

    02 雪みたい でも 雲  

日本とタイの往復は 夏には行きに5時間半 帰りに5時間半の全行程 11時間。

冬には これが行きに7時間弱 帰りに5時間弱の全行程 11時間。

冬も夏も 行き帰りと機上の時間は 同じですが

どうも 冬の方が長く遠く感じてしまうのは 片一方に偏った時間配分だから 

行きの長さったら 尋常でない  そんな状況も 冬本番には 多々あり。

『エンジン全開で ぶっ飛ばしてください キャプテン!!』って 心の中で叫ぶ。

最初にやってくるキャプテンのタイ語のアナウンスで 

一人驚愕で顔が  青ざめて 数秒後には あまりの現実に

表情なくなる・・・・・。

「・・・・飛行時間 7時間50分・・云々かんぬん(他は既に頭に入ってきません)」

それって (アメリカの西海岸の)シアトルに着いちゃう?!

〜〜☆〜〜

以前に TGのアメリカ線 

バンコク成田シアトルダラス・フォートワース(テキサス州)線が

ありまして 日本人にとっての1番長い路線で いわば メイン 

飛行時間の比較対象には シアトル・・・・  が即 頭を過ぎります。 

       そんな ワタシは古の人〜♪

やっとの事でバンコクに到着した飛行機から降りた瞬間の

あのまとわりついてくる暑さ〜〜 
 
ひと足 飛行機から足が出た瞬間に 「あっつぅ〜〜!!」の声  

       タイに到着です。  ヨロヨロ・・・・長いです 7時間。

どうしてこんなに違うのか?!  気流のせい=自然の力です。

日本から出発した飛行機は 向かい風に煽られ なかなか進めず 

       『がんばれ!! TG号』  GO!!x2 

なのに 戻りは 追い風を受けて あっという間に 日本へ・・・・・・   

日本への戻りの飛行機時間の短い事  室内灯が消えて 周りもすっかり

静かになって  しばらく眠りに落ちる・・・・・ストンっと。  ものの 2時間ほど。

  「おはようございます! Good Moring!!  Sawadee ka」 

2時間の時差もあって また 機内は 明るく照明が点き 朝食です 

まだ 朦朧感覚が 残りながらも ドンドンと到着地は 近づく・・・・ 

     01 朝日が・・・・登って。

向かって右側に座っていたら 強烈な朝日が入ってきますヨ!!

そうこうしているうちに 長い機内アナウンスが入って 

     『おっ!!』 降下しているのを感じます。

冬場 空は くっきり、シャッキーンと晴れている事が多い太平洋側。  

記憶にある イメージ通りのプリンのカラメル部分が白いバージョンの

台形スタイルで富士山がはっきりと見えます・・・・・

「左手 富士山がご覧いただけます・・・・」アナウンスが入ったら 

あと20分位で着陸 この辺りから最終の着陸態勢に入って 行きます。

      無事に到着しました〜〜 旅は完。 

冬の旅は ここから家までが また 大変・・・・・・すっかり 寒さを 

身体が忘れております 
 
              ☆☆

空港には これから出発の人々と飛行機が・・・・忙しく動いてます。

  03

あっという間に 夜が明けて 今日も 大忙しの成田空港。








    
| 雲の上で | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遂に登場! タスキ掛け固定シート☆
JUGEMテーマ:日記・一般
 
いやぁ〜〜初シートで 面食らってしまったワタシ  冷や汗。

『すみませ〜ん、どうやって シートベルトを締めるのですか?!!』って

マジ 乗務員さんに聞きそうになりました!!・・・・・って言うか 

お恥ずかしい事に たすぎ掛けのジャスチャーをキャッチ出来ずで 

          かっこ悪い!!
     41 上からタスキがけ  

新しい 機内インテリアなのです   斜めから掛けします(2点固定)

エンターテイメント用の下 紐付きリモコンと 上はマッサージ機能と
シート操作用パネル(これは 前のとほぼ同じ?!)

  42
       取り出し可能の下 ひも付きリモコン。 

   〜☆〜知ってる方いたら 教えて下さい〜☆〜 

最近 オンディマンドのエンターテイメントで

ちょっぴり残念に思うのは 英語の映画を日本語字幕では見れない 

何か別の方法があるのでしょうか?  探しだせず・・・・・。

タイ語・中国語は 字幕スーパーって、別枠でチャンネルがあります。

羨ましかったりします・・・・・・ 悲しい英語能力 テヘヘ    

さて、この新しい機内インテリアについて新鮮なのが 席の配置です。 

    ワタシは  とっても 驚いた。

窓際に1席つづで センターには2席づつです。  センターの2席が・・・・ 

真ん中に 離れた2席の後ろがくっついた2席と一列づつ違って配置なのです。

カップルだったら 嬉しい・・・・もう 投げ出した足と足がくっついちゃう?!  

めちゃx2 至近距離のカップル  ラブx2 です。  

離れ離れの列だと 2席の距離はかなり広々でプライバシーが

超守られますので・・・・・ビジネスマン向け。 

利用目的人数がぴったりだと 素晴らしい  まぁ そんな時ばっかりでないのが

この業界・・・・お仕事で行かれる人の流れとプライベートで人が流れる時が

丁度ミックスって事が あまりないのですねぇ〜〜 

仕事の時には仕事の方ばかり・・・逆にプライベート人の流れの時には 全員

見事にプライベート 席決めがなかなか大変かと・・・・

事前予約により 既に了承済みの方々が多いですね、きっと。


この新しい機内インテリア新鮮です  

キューブの個室って感じで 不思議感覚のビジネス・クラスの座席です。

       40
      なんか 四角い中に入り込んでいる感覚。

                

サービスはいつもの様に流れる・・・・・・

   43
     オードブル=ファースト・コースに始まり・・・・

   44
      メインのビーフ・グリーン・カレー

         くだものとチーズを挟んで

   45
         コーヒーとお菓子。

                         ご馳走様でした。

         しっかり映画も見て・・・・・・

ちょっと 眠気に見舞われながら 小腹の減った頃に 

飛行機は スワナプーム空港へ 着陸。

   46
 
       定位置って感じでしょ   

やっとHomeに帰り着きました!!  TG号 お疲れ様でした。 



| 雲の上で | 15:46 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
雲の上での情報は・・・・・
JUGEMテーマ:日記・一般

機内で ゲットの   機内誌!

写真も一杯の見てるだけでも 楽しい。   ご当地の知られざる場所や

人気のスポット、イベント情報・・・・・【世界ふしぎ発見】雑誌版!!

あれっ?!  雲・・・・・ 雲より早く 我らが動く・・・・

   行け!!  TG号  

   13 
雲はじ〜〜〜っと。  我らを乗せた TG号は 一路バンコクへ・・・・

        ☆  機内サービスが スタート 

つまみは・・・・日本のスーパー・マーケットでも お馴染みのスナック。

   14
家でつまむのとは 一味違う?!  一緒のはずだけど 

場の雰囲気はピーセット(=特別)ネ?!

空の上では たくさん 飲めちゃう!!  アルコールは早く回りますヨ。

そして ドンドン出てくる。

   15 
       なつかしの給食スタイルご飯 

お食事は タイのカレー  ゲンキオワ〜ン・ヌゥァ(=ビーフ・グリーン・カレー) 

中に入っている なすが美味しいの!!

               

お腹も いっぱいになったところで 情報収集です。

取りだしたる 機内誌 サワディ・・・・・・あれっ?!  雲 

       12 どぉ〜〜ん。

いえいえ 雪だるま・・・・  本当に 定期便を就航させるのだぁ〜〜 

まず 冬の北海道から・・・・夏でないところが タイ人っぽい。

別段 避暑に行かなくてもの発想に 雪   その周り(寒さ)は気にせず

白いきれいなモノが空から降ってくる・・・・・以前 ワールド・カップの予選で

タイのチームが日本で 雪の中の練習のはずが 雪で 練習にならず・・・・・

雪が気になってしまって 結局 雪と戯れてその日の練習は終了 

の記事を読んで 思いっきり笑ってしまいました・・・・それほどに 雪が珍しい。

常夏のタイランド 


バンコクの本社でも お祭りの様な 屋台などが出る タイでよくあるタイプの

就航記念イベントがありました。

 
| 雲の上で | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フフっとこみ上げる かわいさ☆
JUGEMテーマ:旅行

タイ航空のロゴ史・・・・・・・はじまりは タイのダンサー 踊り子(推定男子) 

その最初のロゴを使った 新しい マドラーです。

    写真が そのロゴ!!  ダンサーの躍動感!! 解る?!
    14
    現在のマドラーです。  色とりどり豊かが TG風。

50周年の時に 復刻版の色々が登場しました。  

制服や機体ペイントと一緒に 他の旧ロゴも 頻繁に目に着くようになりました。

ワタシの一番のお気に入りは タイのダンサー創業時のロゴ 

          レトロで かっわいいもん  です。

              ☆
       
    最新のスプーン 凸凹が 重量感だしてる スプーン。

           そして 現在のロゴ。
    11

創業50周年を目指して 

ロゴ、その他 機内で使う カテリアル・セットも 様変わりして行きました。

コンセプトがあります!!  タイ・モダン。  

機内備品には 試行錯誤・・・・・短期間で終了してしまった お気に入りもあれば、

それって どうよ? でも 本採用と認定されたのも ありました。  

都合 4〜5年掛って 新タイ航空に様変わり〜 

ワタシにとっての1番面白い変化は 会社のイベントに登場します 看板娘!!!  

まさに等身大のAir Hostess(=客室乗務員)の綺麗どころが なるのですが

その方が 変わった事です。  以前のと並べたら 面白いかも・・・・・・。

出来れば 現在の彼女も一緒だと なお面白いなぁ〜

プロのモデルを 殆ど使わないのが TG流   

看板で 良く見かけていた顔が 機内で本当に動いていたら・・・・・・・・・・・・

         ビックリしますヨ   目を疑う感じ。

機内誌の今月のギャルならぬ エア・ホ(=客室乗務員の略)が 

今 すぐそこで ジュース配っているかも・・・・・・・・・・・ 














 
| 雲の上で | 11:49 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ 盛りだくさん!
タイランド!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ タイへ行くなら!
おすすめ旅行会社
+ BANNER LINKS
B L O G G E R S
ブログをお散歩
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ